男女

貧血の予防には鉄分を含んだサプリメントが最適

症状に合わせて

生薬

更年期障害が発症すると様々な症状に悩まされます。めまいや動悸、不安やイライラ、頭痛や吐き気、冷え性や便秘などです。このような症状を改善するには様々な薬品を利用しますが、症状別に合わせて対処したい場合には漢方薬の利用がおすすめでしょう。その人の体質や症状に合わせて薬を選ぶことで高い効果を発揮します。更年期障害の症状や体質に合わせて漢方薬を利用すると良いでしょう。まず、体力がなくてめまいや吐き気、冷え性や胃腸の不調に悩まされている方には半夏白朮天麻湯が効果的と言えます。胃がもたれててしまったり、酷いめまいに効果があるでしょう。また、虚弱体質で更年期から来る頭痛に効果が高いのが呉茱萸湯です。つらい頭痛や嘔吐を鎮める効果があります。水毒からくる頭痛には、特に効果を期待できるでしょう。むくみなどに効果が期待できるのが五苓散です。体内の水分循環を良くすることで、症状を改善します。また、便秘には三黄瀉心湯を利用すると良いでしょう。体力のある方向けの薬で、イライラや便秘などの症状が改善します。上半身に充血が見られる方には、より効果を発揮するでしょう。虚弱体質の方には加味逍遥散が人気です。更年期障害の諸症状に効果が期待できる漢方薬で、様々な症状を改善してくれる万能薬と言えるでしょう。体力があり、ほてりやのぼせに悩んでいる方は桃核承気湯を利用すると悩みを解消できるはずです。柴胡加竜骨牡蛎湯は虚弱体質の方に効果を発揮することができませんが、精神的不安や不眠などの更年期症状に効果を発揮する漢方薬と言えます。